アビスパ福岡の15戦無敗がストップ。ジュビロ磐田が快進撃の首位チーム撃破

2020年11月01日(Sun)16時58分配信


Tags: , , , , , , , , , , ,

1031IwataFukuoka
ジュビロ磐田対アビスパ福岡

【ジュビロ磐田 2-1 アビスパ福岡 J2第30節】

 明治安田生命J2リーグ第30節のジュビロ磐田対アビスパ福岡戦が1日に行われ、ホームの磐田が2-1で勝利を収めた。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 連勝は12試合でストップしたとはいえ前節の試合にも勝利を収め、15試合負けなしでJ2首位を走る福岡。一方の磐田もここ5試合で3勝2分けと調子を取り戻しており、前節初ゴールを挙げた遠藤保仁らが引き続き先発に名を連ねる。

 磐田は開始直後にDF大武峻が負傷するアクシデントに見舞われ、一旦はプレーを再開したが前半6分で中川創と交代。今季加入した21歳の中川は磐田での初出場となったが、首位との一戦で大きな役割を演じることになった。

 前半41分、磐田が右サイドで獲得したFKから遠藤がクロスを上げるとファーポストで合わせたのは中川。高い打点からのヘディングシュートで自身のプロ初ゴールとなる先制点を叩き込んだ。

 そのまま前半を1点リードで折り返した磐田は、後半立ち上がりにもリードを広げる。50分、松本昌也からのパスでエリア右に抜け出した小川航基が今季9点目となるシュートを突き刺して2-0とした。

 15試合ぶりの複数失点を喫した福岡も終盤にようやく反撃に転じ、82分に遠野大弥が1点を返す。だが磐田が2-1のまま逃げ切り、福岡は連続無敗記録を15試合で止められる結果となった。

 3ポイント差で福岡を追う2位の徳島ヴォルティスは18時キックオフの試合でザスパクサツ群馬と対戦。徳島が勝利すれば勝ち点で福岡と並ぶ。

【得点者】
41分 1-0 中川創(磐田)
50分 2-0 小川航基(磐田)
82分 2-1 遠野大弥(福岡)

【了】

新着記事

↑top