イニエスタ、ロナウジーニョ、メッシ。豪華アシスト陣がお膳立てしたエトーのハットトリック【欧州CL】

2020年11月02日(Mon)19時29分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

サミュエル・エトー
【写真:Getty Images】

 2004年から2009年までバルセロナに在籍し、チームの大きな得点源として5年間で公式戦130ゴールを叩き出した元カメルーン代表FWのサミュエル・エトー氏。欧州チャンピオンズリーグ(CL)公式ツイッターアカウントでは、そのエトー氏がちょうど15年前に達成したハットトリックを動画で紹介している。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2005年11月2日に行われたCLグループステージ第4節の試合で、バルサはギリシャのパナシナイコスと対戦。開始直後にMFマルク・ファン・ボメルのゴールで先制すると、そこからはエトーを中心とした攻撃陣のショータイムだった。

 前半14分にはアンドレス・イニエスタからのクロスに合わせたエトーのヘディングでバルサが追加点。さらに34分にはデビュー2年目、18歳のリオネル・メッシが記念すべきCL初ゴールをマークしてリードを広げた。

 40分にはバルセロナの豪華3トップが流れるような連携で4点目を生み出す。右サイドに抜け出したメッシから中央のロナウジーニョへと繋ぎ、最後は左サイドで受けたエトーがグラウンダーのシュートを突き刺した。

 そして圧巻は最後の5点目。ロナウジーニョとのワンツーで守備陣を翻弄したメッシからのスルーパスを受けると、エトーはエリア手前左側から華麗なタッチでボールを浮かせてGKの頭上を抜く。美しい放物線を描いたシュートをネットに収めてハットトリックを完成させた。

1 2

新着記事

↑top