Home » 海外サッカー » 世界最高額の10代は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング11~15位。韓国の至宝もランクイン! » Page 3

13位:レアルが見出したカカー2世

ヘイニエル
【写真:Getty Images】

MF:ヘイニエル(U-23ブラジル代表/ボルシア・ドルトムント)
生年月日:2002年1月19日(18歳)
市場価格:2250万ユーロ(約27億円)
今季リーグ戦成績:3試合出場/0得点0アシスト

 17歳でブラジルの名門フラメンゴのトップチームデビューを果たし、新たな神童として注目を浴びた。そして18歳になった2020年1月にレアル・マドリードへの移籍が発表され、2026年夏までの長期契約にサイン。移籍金は3000万ユーロ(約36億円)にものぼるとされた。

 ただ、マドリーのトップチームの壁は厚く、今季からボルシア・ドルトムントへ2年間のレンタル移籍が決定。185cmと長身で「カカー2世」とも称されるスピードとテクニックを両立したエレガントなプレースタイルで、将来的にはヴィニシウス・ジュニオールやロドリゴらとの共演も期待される。父はフットサルの元ブラジル代表選手だった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top