最高額のブラジル人は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング11~15位。久保建英の最大のライバル、A代表未出場の実力者も

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いブラジル人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※成績は12月7日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

2020年12月08日(Tue)6時20分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

15位:久保建英と同い年の超逸材

ロドリゴ
【写真:Getty Images】

FW:ロドリゴ(ブラジル代表/レアル・マドリード)
生年月日:2001年1月9日(19歳)
市場価値:4500万ユーロ(約54億円)
今季リーグ戦成績:7試合出場/0得点3アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで! いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 もともとは左サイドでのプレーを得意とするウィンガーだが、1歳上の先輩ヴィニシウス・ジュニオールがいるため、レアル・マドリードでは右ウィング起用が多い。それでもヴィニシウスと違うのは、視野が広く、柔軟性があってプレーの幅が広い点だ。

 ドリブルだけに頼らず、相手の出方を見極めながら狭いスペースを攻略し、決定的なラストパスを通すテクニックの精度も高い。今季も途中出場メインだが、すでに3アシスト。当たり負けしがちなフィジカル面を強化できれば、ゴールもアシストも激増するだろう。将来的にはマドリーで同い年の久保建英とライバル関係になるかもしれない。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top