徳島ヴォルティスとアビスパ福岡がJ1昇格決定!優勝の行方は最終節の直接対決へ

2020年12月16日(Wed)21時02分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

Jリーグ
【写真:Getty Images】

 明治安田生命J2リーグ第41節の各試合が16日に行われ、1試合を残して徳島ヴォルティスとアビスパ福岡の来季J1昇格が決定した。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 残り2試合となった段階で、来季J1昇格の2つの枠を争っていたのは徳島、福岡、V・ファーレン長崎の3チーム。今節の結果次第で徳島の昇格や優勝、福岡の昇格が決定する可能性がある状況だった。

 勝利すれば自力で昇格決定となる徳島はホームで大宮アルディージャと対戦。前半21分に垣田裕暉のゴールで先制すると、そのまま1-0で勝利を収めて自力昇格を決めた。

 2位の福岡はアウェイで愛媛FCと対戦。前半に山岸祐也と遠野大弥のゴールで2点を奪い、2-0のスコアで試合を終えた。

 3位の長崎はヴァンフォーレ甲府をホームに迎え、前半24分にカイオ・セザールのゴールで先制。だが67分には甲府の中村亮太朗に同点ゴールを許し、1-1のドローで勝ち点1を加えるにとどまった。

 この結果、首位の徳島は7年ぶり、2位の福岡は5年ぶりのJ1昇格が決定。徳島の優勝は決定していないが、福岡との直接対決となる最終節の試合に7点差以上で敗れなければ優勝となる。

【了】

新着記事

↑top