サッカー歴代移籍金ランキング1~5位。トップは誰? ネイマール? ムバッペ?

主に夏と冬の2回に渡って選手の移籍市場が開き、選手の移籍に伴って毎年のように巨額の移籍金が動いている。フットボールチャンネル編集部は、歴代選手における移籍金ランキングを作成し、上位に名を連ねる選手を紹介する。※移籍金はデータサイト『transfermarkt』を参照、金額は現在のレートで統一

2021年01月28日(Thu)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

5位:ベンフィカで頭角を現したFW

ジョアン・フェリックス
【写真:Getty Images】

FW:ジョアン・フェリックス(ポルトガル代表)
生年月日:1999年11月10日(21歳)
所属クラブ:ベンフィカ→アトレティコ・マドリード
移籍日:2019年7月3日(当時19歳)
移籍金:1億2720万ユーロ(約152億6400万円)
初年度のリーグ戦成績:27試合出場/6得点1アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 8歳でポルトの下部組織に入団したが、体が小さかったことが原因で15歳の時に放出されている。しかし、その後に移籍したベンフィカでは特別な才能が完全開花。2018/19シーズンにトップ昇格を果たし、同シーズンのヨーロッパリーグ(EL)では大会史上最年少ハットトリックを達成している。

 こうして世界にその名を轟かせた男は、2019年にバルセロナへ去ったアントワーヌ・グリーズマンの後釜としてアトレティコ・マドリードに加入。移籍金は1億2720万ユーロ(約152億6400万円)とされており、10代選手としてはキリアン・ムバッペに次ぐ世界2番目の金額となっている。

 大きな期待を背負ってスペインの地へ渡ったポルトガル代表FWは1年目こそ本領発揮とはならなかったものの、今後の成長が大きく期待される選手の一人だ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top