市船同期4人目の東京五輪代表候補

金子大毅
【写真:Getty Images】

MF:金子大毅(かねこ・だいき/背番号19)
生年月日:1998年8月28日(22歳)
前所属:湘南ベルマーレ
2020リーグ戦成績:28試合出場/2得点1アシスト

 市立船橋高校から神奈川大学に進学するも、中退して2018年に湘南ベルマーレへ加入。プロ1年目はリーグ戦10試合出場にとどまったが、年々出番を増やして3年目の2020年にJ1で28試合に出場。年末には東京五輪を目指すU-23日本代表にも招集された。

 原輝綺(サガン鳥栖から清水エスパルスへ移籍)や、杉岡大暉(鹿島アントラーズ)、高宇洋(ガンバ大阪からアルビレックス新潟へ移籍)は金子よりも先にU-23日本代表候補になっていたため、今後は市立船橋高時代の同期4人が同時に代表招集される可能性も出てきた。

 浦和は青木拓矢と長澤和輝が、それぞれFC東京と名古屋グランパスへ移籍したため、中盤がやや手薄になっていた。セントラルMFを主戦場とする金子にも主力定着のチャンスは十分にある。豊富な運動量やボール奪取力の高さなどの武器を前面に押し出して新監督にアピールしたいところだ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top