湘南ベルマーレ、期待の新戦力5人。7年前に爆発したストライカーが復帰、トップ昇格のレフティーには覚醒の予感

明治安田生命Jリーグの各クラブは、2021シーズンの開幕に向けて準備を進めている。昨季のリーグ戦で18位に終わった湘南ベルマーレは、14人の新加入選手を迎えた。フットボールチャンネルでは、その新戦力たちの中から新天地での活躍が期待される5人を紹介する。

2021年02月10日(Wed)6時30分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

ブラジルからの新たな刺客

ウェリントン・ジュニオール
【写真:Getty Images】

FW:ウェリントン・ジュニオール(ブラジル出身/背番号39)
生年月日:1993年6月8日(27歳)
前所属:ポルティモネンセ(ポルトガル)
20/21リーグ戦成績:10試合出場/0得点0アシスト


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 27歳のブラジル人はかつてガンバ大阪でJリーグ得点王に輝いたアラウージョや前園真聖らも在籍したゴイアスでプロデビュー。その後国内クラブを転々とし、2019年にポルトガルへ移籍して欧州初上陸を果たしている。そして今季からはポルティモネンセに在籍。リーグ戦10試合に出場していた。

 期限付きという形で日本へやって来るウィリントン・ジュニオールは、ブラジル人らしい細かなタッチを駆使したドリブル、とくにカットインを好む選手のようだ。また、シュート精度にも優れているとされている。一方で、パスやクロスといった味方を活かすプレーには改善の余地があるようだ。

 これまでにセンターフォワードや左右両ウイングなどをこなしてきたウェリントンは、湘南ベルマーレでも複数のポジションで試されることになるだろう。近年、湘南では外国人選手がなかなか活躍できていないが、果たして新たな刺客は爆発することになるだろうか。注目していきたい。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top