ロナルド・クーマン
【写真:Getty Images】

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、バルセロナ対パリ・サンジェルマン(PSG)が現地時間16日に行われた。バルセロナが1-4の敗戦を喫した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ホームでの1stレグを落としたバルサ。アウェイでの2ndレグでは4点以上が必要になり、厳しい状況である。バルサを率いるロナルド・クーマン監督はDF面の問題を指摘した。

 スペイン『マルカ』は試合後のクーマン監督のコメントを掲載。クーマン監督は「彼ら(PSG)がより良かった。とても有効な攻撃をしていた。特に(キリアン・)ムバッペ」だとコメント。バルサを苦しめた選手としてハットトリックを達成したムバッペの名前を挙げた。

 前半にリオネル・メッシのPKで先制したバルサだったが、試合は1-4の敗戦。前半のウスマン・デンベレのチャンスについては「前半、とても惜しいシーンがあった。ウスマンは明らかなチャンスを迎えた。しかし後半、DF面が問題だった」とコメント。DF面の問題を挙げている。

 1-4の敗戦で1stレグを落とし、CL敗退の危機となっているバルサ。奇跡の逆転勝利を収めることができるのだろうか。

【了】

新着記事

↑top