最も使われているシステムはどれだ? サッカーフォーメーション人気ランキング6~10位。狂気の男が好む独特な布陣は?

サッカーには様々なフォーメーションが存在している。陣形によって様々な特徴があり、同じ並びでも10クラブあれば10通りの戦い方が存在する。今回は、データサイト『Whoscored.com』の集計を元に、欧州5大リーグ(プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、ブンデスリーガ、リーグ・アン)で使用されたフォーメーションを分析。最も多く使用されているフォーメーションをランキング形式で紹介する。(データは2月25日時点のもの)

2021年03月01日(Mon)6時10分配信

シリーズ:サッカーフォーメーション人気ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

9位タイ:遠藤航が中盤で躍動するシステム

0301Athletico
3-1-4-2

フォーメーション:3-1-4-2
試合数:49試合
クラブ数:19クラブ
主なクラブ:シュトゥットガルト(8試合)、アトレティコ・マドリード(6試合)、ケルン(6試合)


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 3-1-4-2というフォーメーションは頻繁にみられるものではない。しかし、欧州5大リーグに所属する98クラブの中で、およそ4クラブに1クラブはこの布陣を用いているという。セリエAとプレミアリーグが2クラブしか使用していないのに対し、ブンデスリーガでは過半数を超える10クラブが用いている。

 3-1-4-2を最も使用しているのはシュトゥットガルト。昨シーズン途中に就任したペルグリノ・マタラッツォ監督はそれまでの4バックから3バックへ変更し、チームを1部昇格に導いた。今季のシュトゥットガルトは主に3-1-4-2と3-4-1-2を使い、遠藤航は中盤の底で輝かしいパフォーマンスを見せている。

 これまでのアトレティコ・マドリードは4-4-2の布陣がベースだったが、首位を走る今季は3バックで戦うことが多い。3人のセンターバックが並ぶことで最終ラインは安定感があり、ルイス・スアレスが加わった攻撃陣は威力を増している。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top