山根視来
【写真:田中伸弥】

 日本代表は25日、韓国代表と親善試合を行い、3-0で快勝した。初出場初先発となった山根視来は17分に初ゴールを決め、拳を振り上げて感情をあらわにした。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


「ああいうところで点を取る気持ちよさのためにサッカーやっているところがあるので、いろんな人が見てくれているなかでゴールを決められて喜びが爆発しちゃいました」

 守田英正が入れた縦パスは相手に阻まれたが、ルーズボールに反応した大迫勇也が巧みなヒールパスで流す。山根が右足を振り抜くと、ボールはクロスバーに当たりながらゴールに吸い込まれた。

「純也くんの動きを見ながらとか、相手のビルドップの形を見ながらやっていた。僕自身はストレスなくやれました」

 伊東の動きを見ながら、山根は内と外を使い分けた。伊東がタッチライン付近でボールを引き出せば、インサイドにポジションを取り、機を見てインナーラップを繰り出す。伊東がインサイドに移動すると、山根は大外を駆け上がった。

 元々はサイドアタッカーだったが、湘南ベルマーレでの2年目のプレシーズンに最終ラインにコンバートされた。ボールを持ったときの落ち着いた振舞いは、攻撃的なポジションでプレーしていた経験が活かされている。常に前を向いた状態でプレーできることで、味方や相手の動きによって適切なプレーを選択できるのも強みだ。

 伊東とのコンビはこの試合が初めてだったが、そうとは思えない連係を見せていた。湘南ではコンバートした直後から3バックの右に定着し、昨シーズンも加入した川崎Fでレギュラーに定着。新たな環境にすぐに適応できるのは山根の武器かもしれない。

 韓国代表の選手にも当たり負けしない球際の強さは、湘南ベルマーレ時代に培ったものだ。そして、川崎フロンターレでは攻撃面での迫力を持たせる判断力を磨く。対極に見えるようなサッカーを見せる両クラブで、唯一無二でハイブリッドなプレースタイルを築いている。

 切れ味鋭いドリブルは攻撃のアクセントになり、ラストパスの精度も高い。攻撃だけでなく、運動量が豊富で球際にも強い。酒井宏樹が不動の存在だった日本代表の右サイドバックに、新たなサイドバック像を持つ27歳が現れた。

(取材:元川悦子、文:編集部)

【了】

新着記事

↑top