U-24日本代表、東京五輪に生き残るのは誰? 当落予想を4段階で紹介、不動の評価となったのは…【GK・DF編】

2021年03月30日(Tue)11時02分配信

photo JFA
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

JFA3
【写真提供:日本サッカー協会】

【日本 3-0 アルゼンチン SAISON CARD CUP 2021】

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 東京五輪を戦うU-24日本代表は、南米予選を1位で通過した強豪U-24アルゼンチン代表と2試合を行った。26日の1戦目は0-1で敗れたものの、29日のゲームでは好パフォーマンスを披露し3-0と快勝。課題と収穫の両方が見つかった、非常に意味のある強化試合となったのでないだろうか。

 横内昭展監督はU-24アルゼンチン代表との2試合で、招集した23名のうち、GK沖悠哉と田中駿汰(負傷により途中離脱)を除く21名を起用した。その中で東京五輪行きの列車に乗るためのアピールに成功したのは誰なのか。今回は、現時点での「東京五輪メンバー当落予想」を4段階評価(不動、当確、当落線上、落選濃厚)で紹介する。まずは、GKとDF編。

GK

大迫敬介【不動】
第1戦:90分出場
第2戦:出場なし

U-24アルゼンチン代表との初戦でゴールマウスを守り、1失点。キックの精度でもやや課題を残した。しかし、このチームの正守護神候補であることに変わりはない。東京五輪行きはほぼ間違いないだろう

谷晃生【当確】
第1戦:出場なし
第2戦:90分出場

29日のゲームで五輪代表の公式戦初先発を飾る。後半にアドルフォ・ガイチのシュートをファインセーブするなど、その存在をアピールした。大迫敬介のバックアッパーとして頼りとなりそうだ

沖悠哉【落選濃厚】
第1戦:出場なし
第2戦:出場なし

鹿島アントラーズでは正守護神を担うが、U-24アルゼンチン代表との2試合で出番が訪れることはなかった。よほど特別なことがない限り、東京五輪への参加は厳しくなるか

DF

板倉滉【不動】
第1戦:90分出場
第2戦:90分出場

1戦目はやや不安定さを露呈も、2戦目でさすがのパフォーマンスを披露。改めて存在価値の大きさを示した。センターバックとボランチを務める万能性も考えれば、東京五輪行きはまず間違いない

瀬古歩夢【当確】
第1戦:出場なし
第2戦:90分出場

セレッソ大阪の若き守備職人は2戦目で先発を飾ると大活躍。対人戦でほぼ負けず、正確なロングフィードも目立った。東京五輪へ向けアピールに成功した一人と言えるだろう

菅原由勢【当確】
第1戦:90分出場
第2戦:出場なし

1戦目ではクロスの質こそ欠いたものの、守備面で安定感を披露しており、随所でタイミングの良い攻め上がりも目立った。「不動」というまでのアピールを見せたとは言い難いが、東京五輪行きの可能性は高いだろう

原輝綺【当確】
第1戦:出場なし
第2戦:90分出場

フル出場を果たした第2戦では、持ち味である対人戦の強さを活かして右サイドにしっかりと蓋をしていた。サイドバック、センターバック、ボランチまでこなす万能性を考えても、五輪メンバーには選ぶべき存在だろうか

渡辺剛【当落線上】
第1戦:90分出場
第2戦:出場なし

U-24アルゼンチン代表との1戦目に出場。特別パフォーマンスが悪かったわけではないが、存在をアピールしたとも言い難い。2戦目で瀬古歩夢が際立つ活躍を見せたので、やや序列は下がったか

古賀太陽【当落線上】
第1戦:24分出場
第2戦:89分出場

フル出場はなかったが、2つの試合でピッチに立ち、とくに守備では随所で強さを示した。ただ、攻撃面でクオリティーを欠いていたのは事実。東京五輪行きの切符を掴むためのアピールが十分ではなかった

町田浩樹【落選濃厚】
第1戦:出場なし
第2戦:90分出場

29日のゲームにおけるパフォーマンスが悪かったわけではなく、むしろよく戦っていた。ただ、瀬古歩夢や板倉滉、そして冨安健洋の存在を考えると、やはり序列はかなり落ちてしまうと言わざるを得ない

中野伸哉【落選濃厚】
第1戦:出場なし
第2戦:1分出場

今回の招集メンバーでは最年少の17歳。2戦目で途中出場を果たしたが、アピールの時間は少なかった。東京五輪行きは厳しいだろう。ただ、その次の五輪出場を狙える選手なので、引き続き注目していきたい

【了】

新着記事

↑top