南野拓実
【写真:田中伸弥】

 日本代表は30日、カタールワールドカップ・アジア2次予選の試合でモンゴル代表と対戦している。前半13分には南野拓実が先制ゴールを挙げた。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 確実に勝ち点3を獲得するべき試合で早めの先制点が欲しかった森保ジャパン。その待望のゴールは、今予選を通して好調なパフォーマンスを続けてきた南野の左足から生まれた。

 左サイドの小川諒也からのクロスが逆サイドへと流れたあと、松原健が折り返した低いボールを南野がペナルティーアーク内右側で受ける。素早く左に持ち替えたところから左足を振り抜き、ゴール左隅へのシュートを突き刺した。

 これで南野は今予選の開始から5試合連続のゴール。4試合連続の時点で1993年に三浦知良(カズ)が達成した予選開幕からの連続ゴール記録を塗り替えていたが、自らの記録をさらに更新するゴールとなった。

【了】

新着記事

↑top