J1全20クラブGKタイプ別分析(10)アビスパ福岡。村上昌謙は何タイプ? J1レベルになく…GKをやりたいチーム

3/8発売『フットボール批評issue31』から一昨年、サンフレッチェ広島のGKコーチを務めた澤村公康が、GKを4つのタイプに分類し、J1全20クラブの陣容を一刀両断した「GKスカッド批評」を一部抜粋して公開する。[GKタイプ]オーソドックスタイプ→オ、シュートストップタイプ→シ、現代タイプ→現、万能タイプ→万、★は新加入(構成:吉沢康一)

2021年04月06日(Tue)15時00分配信

シリーズ:J1全20クラブGKタイプ別分析
text by 吉沢康一 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

今年は相当失点がかさむか…

0406Murakami_getty【写真:Getty Images】

GKコーチ:塚本秀樹
村上昌謙(オ)
杉山力裕(オ)
山ノ井拓己(現)
永石拓海★(現)


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 とにかく痛いのはセランテスが抜けたことです。山ノ井拓己に期待はしていますが、昨年の出場は1試合にとどまっています。村上昌謙もJ2レベルのGKで、杉山力裕も力は落ちてきています。正直なところ今年は相当失点がかさむと思います。

 J1のGKレべルを考えた時に、福岡のGKグループにはそのレベルにあるGKを見つけることはできません。逆に、GKコーチ目線で言えばこのメンバーを見るとJ1で最もGKコーチをやりたくなるチームです。

 GKに序列がなく、杉山にもうひと花咲かせるためには何をやったらいいか、キャリアのない山ノ井をどう育てるのかなど、GKコーチとしてのやりがいがありそうです。いずれにせよ、福岡のGKはウイークポイントと考えなければいけないでしょう。

 タイプで分けると杉山、村上はオーソドックスタイプ、山ノ井はリーダーシップも発揮できる静岡学園出身で足下のしっかりした現代タイプ。福岡大学出身の永石拓海も現代タイプで、福岡に戻って来てワンチャンスを生かし、ポジションを掴む可能性はあると思います。

J1・ J2・J3のコンセプトマップを搭載!「究極のJリーグアナリティクス誌」となった『フットボール批評issue31』の詳細は↓↓↓をクリック!

『フットボール批評issue31』


≪書籍概要≫
定価:1650円(本体1500円+税)

究極の2021Jリーグアナリティクス

Jクラブにとってコンセプトの5文字はもしかしたらタブーワードなのかもしれない。クラブのコンセプトをひけらかすことは、すなわち“秘伝のレシピ”の流出を意味する。もちろん、これはコンセプトという壺にタレが脈々と継ぎ足されているクラブに限った話ではあるのだが……。
コンセプトを一般公開できないとなれば、こちら側が様々な手法を使って分析していくほかない。なぜ、コンセプトの解剖にこれほどまでに執着するのかと言えば、抽象的にJリーグを眺める時代は終わりにしたい、という願望からである。そう、本質の話をしよう、ということだ。
今回は2021年のJリーグをより具体的に俯瞰できるように、J1・J2・J3のコンセプトマップを筆頭とし、補強からGKのコンセプトまで本質を抉る企画を揃えた。この「究極のアナリティクス誌」を携えれば、コンセプトなき“あのクラブ”が手に取ってわかるはず、だ。

詳細はこちらから

【了】

新着記事

↑top