FC岐阜が一時活動休止を発表。3選手の新型コロナ陽性でさらなる拡大防止

2021年04月06日(Tue)21時22分配信


Tags: , , , , , , , , , ,

FC岐阜
FC岐阜

 J3のFC岐阜は6日、トップチーム選手3名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたなどの状況から、チームの活動を今月15日まで一時休止とする決定を発表した。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 岐阜では今月1日に選手1名が新型コロナウイルスの陽性判定を受け、その結果を受けて全選手・スタッフに実施した検査によってさらに1名が陽性。4日に開催が予定されていた明治安田生命J3リーグ第4節のガイナーレ鳥取戦は中止となり、5日には3人目の選手の陽性判定が発表されていた。

 さらに5日午後に実施された検査により、陽性判定を受けた選手の家族2名も陽性の診断を受けたとのこと。家族2名は岐阜市保健所の指示で入院、療養しているとのことだ。

 陽性診断を受けた3選手と他の選手・スタッフとの濃厚接触が明確ではなく、感染源が不明であり、チーム内に無症状のウイルス保有者がいる可能性が否定できないことから、岐阜市保健所は陽性診断者との最終接触日だった4月1日から2週間後の15日までの活動自粛をクラブに要請。これを受けて岐阜はトップチームの活動一時休止を決めたと説明している。活動再開についてはJリーグおよび保健所との今後の協議により決定される。

 11日に予定されていたJ3第5節のアスルクラロ沼津戦も中止となることが決定。代替開催日は今後決定次第発表される。

「試合を楽しみにして頂いておりました両クラブのファン・サポーターの皆様、アスルクラロ沼津関係者の皆様、そしてFC岐阜に関わるすべての皆様に多大なるご心配とご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。クラブとしましては、岐阜市保健所の指導のもと、感染拡大防止および感染経路の特定などを行うとともに、より一層の新型コロナウイルス感染症対策を徹底励行し、感染拡大の防止に努めてまいります」と岐阜の宮田博之代表取締役社長はコメントしている。

【了】

新着記事

↑top