名古屋グランパス、最強の助っ人は誰だ!? 歴代外国人得点ランキング1~5位。首位は最強助っ人ウェズレイ。ピクシーは何位?

 29年目を迎えたJリーグでは、これまで様々な外国籍選手がプレーしてきた。名古屋グランパスでも、多くの外国人選手がクラブの歴史に名を残している。今回は、名古屋グランパスでプレーした外国籍選手の中から、所属時の得点ランキングを紹介する。※成績はJリーグ通算

2021年04月17日(Sat)8時00分配信

シリーズ:Jリーグ歴代外国人得点ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

5位:Jリーグ得点王ののち“逃亡”

20210417_nagoya-5_getty
【写真:Getty Images】

ジョー(ブラジル)
生年月日:1987年3月20日(34歳)
Jリーグ通算成績:64試合/30得点
在籍時期:2018-20


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ロシアのCSKAモスクワで活躍したことで2008年にマンチェスター・シティへ飛躍したジョー。日本にやってきたのは2018年のことだった。グランパスはビッグネーム獲得のために大金を投じ、ジョー本人にも4億円の年俸を用意したと言われている。

 加入1年目は、まさに期待どおりの活躍。J1・32試合で24得点を記録した。これはシーズン得点王の数字。グランパスはこのシーズン、降格の危機に瀕していたが、なんとか残留を成し遂げると、ジョーは涙を流している。

 しかし、2年目以降は振るわなかった。負傷による長期離脱のあとはかつての活躍ができなかった。2020年6月にはグランパスが契約解除を発表。ブラジルのコリンチャンスに入団したが、グランパスとの契約を全うしない形で進んだ話でトラブルになり、後味の悪い終わり方となった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top