リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

20位:PSG生え抜きのレフティー

プレスネル・キンペンベ
【写真:Getty Images】

DF:プレスネル・キンペンベ(フランス代表/パリ・サンジェルマン)
生年月日:1995年8月13日(25歳)
市場価格:4000万ユーロ(約48億円)
19/20リーグ戦成績:16試合出場/0得点0アシスト


【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 パリ・サンジェルマン(PSG)の下部組織出身で、2014年に19歳でトップチームデビューを果たした。当初はマルキーニョスとチアゴ・シウバのブラジル人コンビによる牙城を崩せずにいたが、彼らから多くのものを吸収しながら着実に成長。T・シウバが退団したこともあり、今ではフランス王者において欠かせぬ存在となっている。

 プレスネル・キンペンベの特長として挙げられるのはアスリート能力の高さだ。相手の大柄な選手にぶつかられても簡単には倒れない「フィジカル」の強さを誇っており、そのパワーと跳躍力を活かして「空中戦」でも存在感を示す。また、非凡な「スピード」も持ち合わせているので、快速自慢のアタッカーにまんまと振り切られることが少ない。

 以前までは失点に直結しかねない凡ミスも目立っていたキンペンベだが、現在は足元の技術や判断力が向上したことで、ビルドアップ時などの安定感を手に入れている。昨季のチャンピオンズリーグ(CL)で披露したパフォーマンスが見事だったように、大舞台でのプレッシャーにも勝てるようになった印象だ。もちろんまだ完璧なレベルには達していないが、より穴の少ないDFになりつつあるのは確かだろう。

 改善点を挙げるとすれば冷静さという部分だろうか。とくにチームとして劣勢な状況に置かれると、どうしても焦りからかやや荒っぽいプレーに走ってしまうことがある。PSG、そしてフランス代表のこれからを担える存在なだけに、このあたりの成長は今後に期待だ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top