U-24日本代表の中心には久保建英がいた。残したデータはなんと…堂安律とも好連係で要注意人物に

2021年06月06日(Sun)12時21分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

久保建英
【写真:Getty Images】



【U-24日本 6-0 U-24ガーナ 国際親善試合】

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 U-24日本代表は5日、U-24ガーナ代表との国際親善試合に臨み、6-0で大勝を収めた。

 この試合では吉田麻也、遠藤航、酒井宏樹のオーバーエイジ(OA)3人が揃って出場。A代表でも主力を担う彼らはさすがの存在感を発揮し、チーム全体、とくに守備の強度を大きく引き上げ、相手を一切寄せ付けなかった。

 前線では先発組がしっかりと結果を残した。久々の代表活動となったワントップの上田綺世は1得点1アシスト、右サイドハーフ堂安律は1点、そして左サイドハーフの相馬勇紀もゴールを奪っている。

 そのなかでも「中心」として攻撃を活性化させていたのは、20歳になったばかりの久保建英だった。トップ下で先発したレフティーは巧みなタッチを武器に1対1を仕掛け続け、チャンスを何度も創出。16分には堂安の先制点が生まれるキッカケを作り、32分には自らがゴールネットを揺らしている。

 流れの中で堂安とポジションを入れ替えながらプレーするなど、個だけでなく他の選手との連係でも存在感を示した。後ろに酒井や遠藤、吉田がいる安心感もあったのか、非常に伸び伸びと、積極的にアクションを起こしていた印象だ。

ちなみに久保は堂安との連係については「感覚」と話している。また、続けて「同じレフティーで似た特徴の選手がいると、自分もやりやすいかな」ともコメント。この二人の連係は、五輪本大会でも大きな武器となりそうだ。

 3日の日本代表戦で45分間プレーした久保は「(日本代表戦で)45分で交代と言われた時にもっと出たい気持ちがありましたけど、やはり45分しか出ていないのにこんなにキツかったということは、ちょっと中1日は厳しい。プレミアの選手はその中でやっていますし、だから11人を変える。だから野球とは違って、サッカーは週1でやっているんだなと思いましたね」と話した通り、後半に入り疲労の影響からかプレーの精度が落ちてしまった。

「体力的には本当に厳しかったと思いますし、自分も後半なんかは足をつりかけていて、いつもの自分なら簡単に通せるようなパスを何本もミスしてしまって、味方には申し訳ないと思う」と話した通り、らしくないパスミスも確かにあった。短い期間で強度の高い試合が続く東京五輪に向け、いかにプレー精度を高く保てるかは今後のポイントになるかもしれない。

 それでも、とくに体力のある前半に披露したパフォーマンスは見事だった。結果的に78分でベンチへ退くことになったが、シュート数5本、ドリブル数5回、同成功率80%、スルーパス12本などを記録。実はこれ、すべてチーム1位となる成績だった。相手の強度が低かった点は否めないが、それでもしっかりと、それも厳しい日程の中で怖さを示すことができたのは、大きな評価に値する。

(取材:元川悦子、文:構成:編集部)

【了】

新着記事

↑top