タジキスタン戦、最低評価の「5点」となったのは…? 最高評価は1得点1アシストの韋駄天!【日本代表どこよりも早い採点】

2021年06月07日(Mon)21時24分配信

シリーズ:どこよりも早い採点
text by 編集部 photo JFA
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

日本代表は7日、FIFAカタールワールドカップ・アジア2次予選でタジキスタン代表と対戦しで4-1で勝利。この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

古橋亨梧が1得点1アシストの活躍

日本代表
【写真:日本サッカー協会】

【日本 4-1 タジキスタン カタールワールドカップ・アジア2次予選】

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


権田修一 6 あのヘディング弾は相手を褒めるべき。全体的には静かな時間を過ごした
山根視来 6.5 失点の場面では相手に競り負けたが、攻撃面では3点に絡むなど躍動した
中谷進之介 6 この日が日本代表初スタメン。絶対的な存在感はなかったが、終始落ち着いていた
昌子源 5.5 大崩れはしなかったが、中途半端なクリアが失点の原因となったのはやはりマイナス評価
佐々木翔 5 原口元気との連係も悪く、軽率なパスミスも見られた。攻守ともに存在感は薄かった
橋本拳人 6.5 攻守の切り替えを素早く行った。後半立ち上がりにはゴール前に顔を出し得点も
川辺駿 6.5 時間が経つにつれ縦への推進力が活きるように。嬉しい代表初ゴールもゲットした
古橋亨梧 7 持ち味の走力を活かしサイドを活性化。1ゴール1アシストの結果を残した
南野拓実 6.5 消える時間が多かったが、それでW杯予選7戦連続弾。しっかりと仕事を果たした
原口元気 5.5 攻撃を急いでしまった印象。左SB佐々木翔との連係にも物足りなさを残した
浅野拓磨 6 持ち味のスピードを活かし何度もチャンスを作った。得点があればなお良かった

鎌田大地 6.5 後半からの出場。狭いエリアでもしっかりボールを扱い、繊細なスルーパスも出した
坂元達裕 6 仕上げのクオリティーを欠いてはいたが、何度か良い仕掛けを見せていた
小川諒也 6 特別なプレーはなかったが、終盤にはボックス内にうまく入り攻撃に絡んでいた
守田英正 6.5 スムーズに試合に入り攻守で貢献。味方を使いながら惜しいミドルシュートも
谷口彰悟 6 出場時間はあまり多くなかったが、落ち着いて試合に入っていた

森保一 6 目標であった2次予選全試合無失点は叶わず。それでも、4得点で勝利をもぎ取った

【了】

新着記事

↑top