2位:マンUで賞賛を浴び続ける男

ブルーノ・フェルナンデス
【写真:Getty Images】



MF:ブルーノ・フェルナンデス(ポルトガル代表/マンチェスター・ユナイテッド)
生年月日:1994年9月8日(26歳)
市場価格:9000万ユーロ(約108億円)
20/21リーグ戦成績:37試合出場/18得点11アシスト

 スポルティングCPからマンチェスター・ユナイテッドに加入して以降、賞賛を浴び続けているポルトガル代表MF。今やオーレ・グンナー・スールシャール監督率いるチームには絶対に欠かせない存在で、それを証明するように、2020/21シーズンはほとんど休みを与えられなかった。ちなみに今年2月、英『BBC』が実施したファン投票により、「冬にプレミアリーグへ移籍した史上最高の選手」に選出されている。

「パス」スキルの高さは言わずもがなワールドクラスだ。90分間の中で成功率自体は決して高くないのだが、それはいわゆる無難なものが少なく、勝負球が多いからこそ。ボールを受ければ必ずと言っていいほど前を向き、他の選手のランニングなどを無駄にせず活かそうとしている。また、そこに至るまでのポジショニングなどからは、司令塔としての「IQ」の高さをうかがうことができる。

 中盤で不用意なロストやミスを犯さない「テクニック」の高さ、そして判断力が備わっており、相手GKの意表を突くミドルシュートも一級品。PKキッカーとして非常に優秀で、味方に対し強く指示を送る姿もよく見られるなど「メンタル」の強さも確かなものがある。ここは、ビッグクラブで継続して活躍できる要因とも言えそうだ。

 また、守備では自らが先陣を切ってチーム全体にプレスのスイッチを入れることを厭わない。このあたりは15歳までDFだった経験が活きていると言えるだろう。そんなB・フェルナンデスはまだ26歳。今後しばらく、サッカー界を中心として牽引していくはずだ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top