リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

5位:セリエA屈指の司令塔

ルイス・アルベルト
【写真:Getty Images】

MF:ルイス・アルベルト(スペイン代表/ラツィオ)
生年月日:1992年9月28日(28歳)
市場価格:4500万ユーロ(約54億円)
20/21リーグ戦成績:34試合出場/9得点2アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 セビージャやリバプールでは芽が出なかったものの、2016年に加入したラツィオで覚醒した。2017/18シーズンのセリエAでは11得点14アシストを記録し、2019/20シーズンは同16アシストというスーパーな数字をマーク。昨季はリーグ戦で34試合に出場しながら2アシストに留まったが、キーパス数は80本で3位につけていた。まさに、ラツィオには欠かせない攻撃の主軸である。

 上記したことからも分かる通り、ルイス・アルベルト最大の武器は「パス」にある。ロング、ショート問わず精度はピカイチで、「そこに通す!?」と思うほど意外性のある鋭いラストパスも実に多い。また、エースであるチーロ・インモービレとの相性は完璧で、二人だけで崩し切ってしまうこともしばしば。イタリア代表FWが得点を大量生産できる理由の一つに、L・アルベルトの卓越したパススキルがあるといっても過言ではないだろう。

「フィジカル」や「スピード」といったアスリート能力に関しては凡庸だが、縦への推進力に優れており、右足の正確なタッチを駆使したキープ力にも定評がある。無駄なロストが少なく、ボールを落ち着かすことができ、かつ攻撃の勢いを加速させられるこの男の元に多くの「パス」が集まるのは、必然といったところだろうか。

 昨季までラツィオの指揮を執ったシモーネ・インザーギ監督の下では守備意識も着実に向上。より、穴の少ない司令塔になりつつある。ただ、28歳のMFはまだまだ成長を止めることはないだろう。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top