イタリア代表で輝く最新型レジスタ。背番号5が29戦無敗のチームで果たす役割とは?【ユーロ2020分析コラム】

2021年06月17日(Thu)11時01分配信

シリーズ:分析コラム
text by 加藤健一 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

レジスタの最新型とは?

0617Locatelli_getty
【写真:Getty Images】



 後半のイタリア代表はゴールキックもほとんどつないでいた。GKジャンルイジ・ドンナルンマを積極的に使ってビルドアップを行う。スイス代表はハイプレスを仕掛けていたが、前半のように簡単には蹴りださなかった。

 後半立ち上がりのビルドアップはなかなかうまくいかなかったが、1つのファウルで風向きが変わる。ハーフタイムに投入されたマリオ・グラバノビッチがレオナルド・ボヌッチへのファウルにより警告を受けてしまった。

 ハイプレスを実行するきっかけとして投入したFWがイエローカードを受けたことで、スイス代表のプレス強度は低下した。すると、DFラインと中盤の間に生まれたスペースをイタリア代表は狙う。前線3人へ縦パスを通し、その落としを受けたバレッラやロカテッリがフリーで運ぶ。52分の追加点はロカテッリの見事なシュートだったが、チャンスが生まれる過程として両インサイドハーフが前を向くシーンは多かった。

 ロカテッリは中盤の底で配球役になるだけでなく、前線との中継役にもなれる。守備面を見ても、この日は高い位置でインターセプトするシーンも何度かあった。サッスオーロではダブルボランチだが、ジョルジーニョがいるイタリア代表ではインサイドハーフで起用されている。代表デビューから1年も経っていないが、今やイタリア代表の中心といっても過言ではない。

 かつてのイタリア代表はアンドレア・ピルロのようなスペシャリストが輝いていた。しかし、専門性から万能性が評価される時代へと変わった。ロカテッリはあらゆるエリアで仕事ができる点で見ると、最新型レジスタと呼ぶに相応しい。時代の要請にフィットしたロカテッリの活躍は、勝ち続けるイタリア代表の強さを象徴している。

(文:加藤健一)

【了】

1 2 3

新着記事

↑top