U-24日本代表、東京五輪当落線上5人の運命は? 選出・落選を予想、今日発表の18人に入るのは…

2021年06月22日(Tue)6時30分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

鈴木彩艶

鈴木彩艶
【写真:Getty Images】



鈴木彩艶(浦和レッズ)
生年月日:2002年8月21日(18歳)
ポジション:GK
予想:落選

 今季からリカルド・ロドリゲス監督が指揮を執る浦和レッズで、鈴木彩艶はシーズン途中からゴールマウスを任されている。これまで日本代表として31試合に出場し、史上最年少でJ1・500試合出場を達成したばかりの西川周作から正GKの座を奪った。189cm・91kgという強靭なフィジカルを活かしたプレーが特徴で、セーブ技術の高さやビルドアップにおける落ち着いたキックの技術は浦和レッズの正GKに相応しい。18歳ながら冷静な判断で最高峰からチームを支えている。

 世代的には3年後のパリ五輪を目指すが、6月のU-24日本代表メンバーに飛び級で選出された。当初は谷晃生と大迫敬介、そして沖悠哉に次ぐ存在と見られたが、一気に有力候補へと名乗り出た。ラストマッチとなるジャマイカ代表戦は主力メンバーが中心となったが、その中で鈴木は45分のプレー時間を与えられた。

 しかし、メンバー発表前最後の試合となる20日の湘南ベルマーレ戦では自身のプレーが2失点につながってしまった。この試合を視察した川口能活U-24日本代表GKコーチはこれをどう見たか。鈴木のポテンシャルは捨てがたいが、2番手GKで見ると大迫敬介が持つこのチームでの経験値が優先されるのではないだろうか。

【次ページ】前田大然

1 2 3 4 5

新着記事

↑top