堂安律、2ゴールは「チームメイトに感謝」。前半は「良かった」と満足も後半のプレーには…

2021年07月12日(Mon)21時54分配信


Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

堂安律
【写真:Getty Images】



【U-24日本代表 3-1 U-24ホンジュラス代表 キリンチャレンジカップ2021】

 キリンチャレンジカップ2021のU-24日本代表対U-24ホンジュラス代表が12日に行われた。試合は3-1でU-24日本代表が勝利した。この試合に先発した背番号10の堂安律が2ゴールの活躍を見せた。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 東京五輪まで残り2試合と迫る中、森保一監督はほぼベストメンバーでホンジュラス戦に臨んだ。堂安は久保建英、林大地、三好康児とともに攻撃陣の一角を担った。

 吉田麻也のゴールでリードしたU-24日本は40分、久保のパスを左サイド深い位置で冨安健洋が受けてグラウンダーのクロスを入れると、中央で林がワンタッチで落とす。そのボールを堂安がダイレクトでゴールに突き刺した。

 前半は2-0で折り返すが、65分にオウンゴールで1点差に詰め寄られる。その後、流れがU-24ホンジュラスにいきかけたが、堂安がその悪い流れを払拭する。85分、途中出場の相馬勇紀からのクロスに堂安が飛び込んでゴールネットを揺らした。

 2ゴールに関して堂安は「両ゴールともワンタッチのゴールだったので、パスをくれたチームメイトに感謝したいです」と振り返った。

 さらに堂安は「立ち上がり先制点を取ることは大事でしたし、ただ後半相手に流れを持ってかれてしまったので、そこはまだまだ課題ですし、前半良かったですけど、後半もっともっと向上しなくちゃいけないことがあるかなと思います」と反省も口にした。

 10日後には東京五輪初戦を迎えるが、反省を活かして本番に繋げることができるだろうか。

【了】

新着記事

↑top