19歳でドイツ代表デビューしたマルチなDF

ベンヤミン・ヘンリクス
【写真:Getty Images】


U-24ドイツ代表 東京五輪メンバー一覧はこちら

DF:ベンヤミン・ヘンリクス(RBライプツィヒ)
生年月日:1997年2月23日(24歳)
20/21リーグ戦成績:13試合0得点1アシスト

 レバークーゼンの下部組織出身のベンヤミン・ヘンリクスは、将来を嘱望されるスター候補だった。16/17シーズンは19歳のときにドイツ代表デビューを果たし、その年はレバークーゼンのレギュラーとして活躍。しかし、その後は負傷もあり伸び悩み、2年間はリーグ・アンのモナコでのプレーも経験している。

 昨夏にドイツに戻ってRBライプツィヒに加入し、21/22シーズンからは完全移籍に切り替わる。昨年10月には4年ぶりとなるドイツ代表復帰を果たしたが、11月に膝蓋骨を痛めて長期離脱を余儀なくされた。ただ、シーズン終盤に復帰を果たしており、東京五輪には万全の状態で臨めるはずだ。いくつかのビッグクラブからメンバーを召集できなかった中で、経験値のあるヘンリクスの存在は大きい。

 右サイドバックが本職だが、右ウイングバックや中盤でも起用され、左サイドでもプレーできるポリバレントさを見せる。ファウルの多さは否めないが、果敢なタックルでボールを奪いにいくスタイルが魅力のDFである。複数のポジションをこなせる点も、シュテファン・クンツ監督を助けることになるだろう。

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top