古橋亨梧には45億円の価値がある!? セルティックOBも絶賛の才能、あのレジェンドに重ねて…【コラム】

2021年08月27日(Fri)13時33分配信

シリーズ:コラム
text by 舩木渉 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 セルティックの古橋亨梧が止まらない。現地26日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)予選プレーオフの2ndレグでもゴールネットを揺らし、加入から公式戦7試合出場7得点と驚異的なペースで結果を残し続けている。現地での評価は高まるばかりで、口うるさそうなクラブOBも大絶賛。早くもセルティックでレジェンドになりうる素質を垣間見せている。(文:舩木渉)

既視感あった電光石火の先制ゴール

古橋亨梧
【写真:Getty Images】

 試合には負けても勝負には勝っているということが、欧州カップ戦では珍しくない。ホーム&アウェイの2試合180分間で勝ち抜けか敗退かを決めるからだ。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 昨晩のセルティックがまさしくそうだった。現地26日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)の予選プレーオフ2ndレグでAZアルクマールに1-2で敗れたが、2戦合計スコアで3-2と上回り、セルティックがEL本戦に駒を進めた。

 開始3分に日本代表FW古橋亨梧が決めた先制点がなければ、延長戦、さらにはPK戦までもつれこんで、あわよくば本戦を目の前にして敗退の可能性もあった。1stレグでは古橋が1得点1アシストで2-0の勝利に導いたことも踏まえれば、今季のセルティックのEL本戦出場はほとんど新加入の日本人アタッカーによってもたらされたと言っていいかもしれない。

 アンジェ・ポステコグルー監督もほっと胸をなでおろしているはずだ。

 AZ戦2ndレグの先制点は電光石火の早業だった。開始3分、右サイドバックのDFアンソニー・ラルストンが相手ディフェンスラインの背後にロングパスを入れると、抜け出したFWリエル・アバダがゴール前に高速クロスを入れる。そして、最後は古橋が触ってゴールネットを揺らした。

 ラルストンからアバダ、古橋とつながったワンタッチ続きの高速カウンターには、見覚えがある。ポステコグルー監督が率いていた横浜F・マリノスで、右サイドバックのDF松原健が繰り出す縦パスを起点に、同サイドでFW仲川輝人が飛び出し、相手GKとDFの間を狙った高速クロスにFWエリキやFW前田大然が突っ込む、あの速攻の形だ。

 古橋はラルストンからアバダに縦パスが入った瞬間、ピッチ中央から一直線にゴール前までスプリントをかけ、ボールに視線を向けた相手DFの背後をとってゴールを陥れた。素晴らしい今季7得点目だった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top