控えに回るのは…

20210914_コウチーニョ_Getty
【写真:Getty Images】



セルジ・ロベルト(元スペイン代表/背番号20)
生年月日:1992年2月7日(29歳)

フィリッペ・コウチーニョ(ブラジル代表/背番号14)
生年月日:1992年6月12日(29歳)

セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン代表/背番号19)
生年月日:1988年6月2日(33歳)

ウスマン・デンベレ(フランス代表/背番号7)
生年月日:1997年5月15日(24歳)

 最終ラインにはオスカル・ミンゲサやロナウド・アラウホ、アレックス・バルデといった若い選手たちがチャンスを狙う。セルジ・ロベルトは右サイドバックと中盤をこなす貴重なバイプレーヤーとして、今季も重宝されるだろう。一方で、評価を落とすクレマン・ラングレや怪我が多いサミュエル・ウンティティにとっては正念場だ。

 フィリッペ・コウチーニョは昨年末に左膝の外側半月板を損傷。14日のバイエルン戦でようやく復帰までたどり着いた。ロナルド・クーマン監督はニコ・ゴンザレスやガビといった若い選手の起用に積極的で、コウチーニョにとっては厳しいシーズンになるかもしれない。

 攻撃陣を見ると、今夏のユーロ(欧州選手権)で負傷したウスマン・デンベレは、復帰までまだ時間がかかりそうだ。プレシーズンで負傷したセルヒオ・アグエロも、バルセロナでの公式戦デビューはまだ先。マルティン・ブライスワイトも負傷で離脱したことで前線の選手層は薄く、18歳のユスフ・デミルにも出番が回ってくることになりそうだ。

【次ページ】GKは誰がいるのか?

1 2 3 4 5 6

新着記事

↑top