川崎フロンターレ、最高の監督は誰だ!? 歴代最高勝率監督ランキング6~10位。高畠勉が6位。トップ10唯一の外国人は何位に?

2021年09月19日(Sun)9時00分配信

シリーズ:Jリーグ歴代最高勝率監督ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

20210919_kawasaki-all-6-10_
【写真:Getty Images】



 川崎フロンターレの歴代最高勝率監督ランキングは、9位まで全て日本人指揮官だ。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 トップ10で唯一の外国人は、2000年にチームを指揮したブラジル人のゼッカ。1997年にGKコーチから始まり、内部で昇格を果たした形だが、監督としては20試合の指揮でクラブを去ることになっている。勝率は9位の今井敏明と並んでいるが、勝利数の差で今井を9位としている。

 関塚隆の体調不良による辞任で急きょ後任を務めた高畠勉は6位。2011年から2012年シーズン途中まで指揮を執った相馬直樹は8位だった。

10位
ゼッカ(ブラジル)
生年月日:1946年7月6日
Jリーグ通算成績:10試合/2勝/1分け/7敗
勝率:20.0%
在籍時期:2000

9位
今井敏明
生年月日:1954年12月29日
Jリーグ通算成績:15試合/3勝/3分け/9敗
勝率:20.0%
在籍時期:2000

8位
相馬直樹
生年月日:1971年7月19日
Jリーグ通算成績:41試合/16勝/6分け/19敗
勝率:39.0%
在籍時期:2011-12

7位
堀井美晴
生年月日:1953年3月16日
Jリーグ通算成績:20試合/8勝/2分け/10敗
勝率:40.0%
在籍時期:2001

6位
高畠勉
生年月日:1968年6月16日
Jリーグ通算成績:61試合/31勝/13分け/17敗
勝率:50.8%
在籍時期:2008, 10

【了】

新着記事

↑top