リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。今回は「パス」にフォーカスしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。


10位:メッシらを輝かせるPSGの最古参

スライド1(24)
【写真:Getty Images】

MF:マルコ・ヴェラッティ(イタリア代表/パリ・サンジェルマン)
生年月日:1992年11月5日(28歳)
市場価格:5500万ユーロ(約66億円)
20/21リーグ戦成績:21試合0得点2アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 19歳でパリ・サンジェルマン(PSG)に加入したマルコ・ヴェラッティは在籍10年目を迎え、クラブ最古参としてチームを牽引している。前所属であり、地元クラブのペスカーラで育成されたヴェラッティだが、トップチームに昇格した当時はペスカーラがセリエBに所属していたため、イタリア人ながらセリエAでのプレー経験がないという珍しいキャリアを歩んでいる。

 高いキープ力と「ドリブル」で相手のプレスを剥がしつつ、精度の高い「パス」でゲームを組み立てることを得意としている。視野がとても広いこともあり、遠いサイドでフリーの選手を見つけて、質の高いサイドチェンジでチャンスを演出することも可能だ。得点に直接絡む頻度こそ少ないが、相手からハードなタックルでボールを奪い、ムバッペら強力FW陣にボールを繋いでカウンターの起点となる黒子としての活躍が光る選手だ。

 ピッチにいればチームを勝利に導けるクオリティの持ち主だが、近年は負傷離脱を繰り返しており、稼働率が低いのが最大の懸念点だろう。20/21シーズンは新型コロナウイルスの影響も含めて、5度の離脱を余儀なくされている。大一番をコンディション不良で欠場することも多く、PSGが悲願のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇を達成するには、この男の活躍が不可欠になるだろう。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top