セルティックに所属する日本代表FW古橋亨梧が、右ひざの負傷から戻ってきた。復帰2戦目となった現地3日のアバディーン戦で貴重な先制ゴールを奪い、不振にあえいでいたチームを勝利に導いたのである。負傷明け早々の日本代表招集に賛否両論渦巻くなか、自らのプレーでその不安を払拭して見せた。(文:舩木渉)

右ひざ負傷から復帰2戦目で…

古橋亨梧
【写真:Getty Images】

「キョウゴが仕事をした! どれほど恋しかったことか! 彼はなんという違いを生み出すのか!」

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 現地の実況が感情のままに吠えた。現地3日に行われたスコティッシュ・プレミアシップの第8節で、セルティックに所属する日本代表FW古橋亨梧が自らの復活をアピールする先制点を挙げた。

 アバディーン戦に1トップで先発出場した古橋は11分、右サイドのスローインの流れからMFデイビッド・ターンブルの精密なクロスに胸で合わせ、約1ヶ月ぶりのゴール。公式戦では今季8得点目を記録した。

 先月の日本代表戦で右ひざを痛めたことにより、9月はほとんどプレーできなかった。古橋が不在の間、セルティックは不振にあえぐことになる。特に成績が芳しくなくなかったアウェイでは8月下旬から4連敗。国内リーグも9月は3試合でわずか1勝と苦しみ、アンジェ・ポステコグルー監督の立場が危うくなるのではないかとも囁かれていた。

 右ひざの回復までに約1ヶ月を要するとみられていた古橋の復帰も、当初は10月の代表ウィーク明けが濃厚とされていた。

 しかし、予想以上のスピードでチーム練習に再合流し、9月30日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)のレヴァークーゼン戦で実戦復帰。試合はホームで0-4の敗戦に終わったが、状態の良さを感じさせるプレーを披露して、直後に日本代表への追加招集も発表された。

 背番号8の離脱にともなってチャンスを得たスイス代表FWアルビアン・アジェティは懸命にエースの穴を埋めようとしていたが、ゴールはリーグ戦で9月唯一の勝利を記録したロス・カウンティ戦の2つだけと不甲斐ないプレーに終始。オランダ1部リーグ得点王の実績を引っ提げて加入したギリシャ代表FWギオルゴス・ジャコマキスは国内リーグ戦で1試合も出番を与えられておらず、期待に応えられていない。

1 2 3 4

新着記事

↑top