最高額の日本人は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング1~5位。1位は30億円越え! 久保建英に冨安健洋、トップに立ったのは… 【2021最新版】

2021年10月05日(火)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

4位:日本代表の背番号10

1001-南野
【写真:Getty Images】



FW:南野拓実(日本代表/リバプール)
生年月日:1995年1月16日(26歳)
市場価格:1200万ユーロ(約14.4億円)
20/21リーグ戦成績:
9試合出場1得点0アシスト(リバプール)
10試合出場2得点0アシスト(サウサンプトン)

 2013年にセレッソ大阪でトップチームデビューで果たした南野拓実はルーキーイヤーからスタメンに定着し、その年のベストヤングプレーヤー賞を受賞。その後、2014年にザルツブルグに移籍した南野は、リーグ6連覇に貢献した。そして、19/20シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でリバプールと対戦。アンフィールドで1得点1アシストの活躍を見せたことでユルゲン・クロップ監督らの興味を引き、同年にリバプールに加入した。

 リバプールへの加入で南野の市場価値は125万ユーロ(約1.5億円)から1200万(約14.4億円)に大きく上昇した。しかし、コロナによるリーグ戦の中断など、厳しい状況下で移籍したこともありリーグへの順応に時間がかかった。さらにリバプールは世界屈指のビッグクラブ。スター選手が多く在籍するチームではなかなか出場機会が得られず、20/21シーズン途中にサウサンプトンにレンタル移籍した。

 サウサンプトンでは10試合に出場し、2得点を記録。今季はプレシーズンからリバプールに復帰すると3試合連続ゴールを決めた。リーグ戦には未だ出場できていないが、21日に行われたガラバオカップでは2ゴールをマーク。簡単ではないが、出場する試合で結果を残し続ければリーグ戦の出場機会も増していく。今季結果を残すことができなければ、来季もチームに残留することは難しいだろう。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top