最高額の日本人は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング1~5位。1位は30億円越え! 久保建英に冨安健洋、トップに立ったのは… 【2021最新版】

2021年10月05日(Tue)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高い日本人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※市場価値、成績は10月4日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

5位:ワールドクラスのデュエルモンスター

1001-遠藤
【写真:Getty Images】

MF:遠藤航(日本代表/シュトゥットガルト)
生年月日:1993年2月9日(28歳)
市場価格:1000万ユーロ(約12億円)
20/21リーグ戦成績:33試合出場3得点4アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 湘南ベルマーレでプロデビューを果たした遠藤航は、3シーズン目となる2012年には19歳ながらキャプテンを務め、同クラブのJ1昇格に貢献した。その後、2016年に移籍した浦和レッズでは1年目から主力に定着し、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を優勝。2シーズンに渡りクラブに貢献した後、2018年にシント=トロイデンVVに加入した。

 JリーグでCBとして活躍した遠藤は、シント=トロイデンVVでボランチにコンバートされると才能が開花。強靭なフィジカルと正確なロングパスを武器にすぐにスタメンに定着し、ベルギーでその実力を証明した。すると翌シーズンには、当時2.ブンデスリーガ(2部相当)に所属するシュトゥットガルトにレンタル移籍。1部昇格に貢献する活躍を見せ、2020年に完全移籍したを果たした。

 そして昨季、各国の強靭が選手がひしめくブンデスリーガでデュエル勝率NO.1を記録。”デュエルモンスター”の呼び名でドイツ中にその名を轟かせた。その活躍から遠藤の市場価値は、シュトゥットガルトに完全移籍した際の160万ユーロ(約1.9億円)から約1年で1000万ユーロ(約12億円)にまで急上昇。同クラブでキャプテンを務めるこの男のデュエルの強さは、今季もリーグトップクラス。今季の活躍次第でさらに市場価値は上がるだろう。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top