2000年代突入後なかなかメジャータイトルを獲得できずにいたアルゼンチン代表だが、今夏のコパ・アメリカ2021では見事に優勝。現在開催中のFIFAワールドカップカタール2022・南米予選でも好調で、本大会行きに限りなく近づいているなど、リオネル・スカローニ監督の元で強さを取り戻しつつある。今回は、そんなアルゼンチン代表の現在の主力メンバーをポジションごとに紹介していく(代表成績は2021年10月15日のペルー代表戦終了時のもの)。

GK紹介

エミリアーノ・マルティネス
【写真:Getty Images】

エミリアーノ・マルティネス(アストン・ヴィラ/イングランド)
生年月日:1992年9月2日(29歳)
アルゼンチン代表成績:12試合4失点


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 長く籍を置いたアーセナルではほとんど注目されていない存在だった。しかし、2019/20シーズンに負傷したベルント・レノの代役をハイレベルに務めたことで一気に評価上昇。昨季にはアストン・ヴィラ移籍を掴み正守護神に君臨するなど、今やプレミアリーグ屈指のシュートストッパーとなった。その活躍が認められ今年6月、28歳にしてアルゼンチン代表デビューを果たしている。

 今夏に行われたコパ・アメリカ2021では全7試合中6試合でフル出場を果たし、母国の優勝に大きく貢献。現在開催中のFIFAワールドカップカタール2022南米予選でも正守護神として奮闘中で、あのリオネル・メッシからは「世界最高のGKの一人」と高評価されるなど、長く続いたアルゼンチン代表のGKの人材不足問題をひとまず解決した。このままいけば自身初のW杯出場は確実だ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top