18歳・松木玖生は「いい目を持っている」。U-22日本代表デビュー戦で先制弾、冨樫剛一監督も絶賛の才能【AFC U23アジアカップ予選】

2021年10月26日(Tue)19時24分配信

photo Zoom
Tags: , , , , , , , , , , , ,

松木玖生
【写真:Zoom会見のスクリーンショット】



【日本 4-0 カンボジア AFC U23アジアカップ予選】

 U-22日本代表は26日、AFC U23アジアカップ予選でU-22カンボジア代表に4-0で快勝した。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 序盤から日本が主導権を握る展開の中で、試合の大きなターニングポイントになったのは先制点だった。10分、コーナーキックから18歳のMF松木玖生がヘディングシュートでゴールネットを揺らし、チームに勢いをもたらした。

 もともとはメンバー外だった松木だが、ヴィッセル神戸のMF櫻井辰徳が負傷により招集を辞退したことで追加招集に。青森山田高校で10番を背負い、来季のFC東京加入も内定している逸材は、「ここで結果を残さないと次のキャンプに呼ばれない」という難しい立場をものともせずに結果を出した。「出場機会があれば結果を残したい」という宣言通りの一発だった。

 U-22日本代表を率いる冨樫剛一監督も「なかなか難しいゲームの中で、しっかりとゴールという数字を残したのが彼の一番の特徴であると思います」と松木を称える。そして「スペースであったり、こぼれ球であったりに『いい目を持っている』と思っているので選びましたし、そこが結果に表れてよかったなと思います」と、そのパフォーマンスやポテンシャルを高く評価していた。

 スカウティングによって判明した相手がセットプレー時にファーサイドを空けてしまうという弱点を忠実に狙い、ゴールにつなげた。それだけにとどまらず「前半はあまり足もとの感覚がない感じだった」という緊張感の中でも、松木は積極的にボールに絡んで、いつの間にか攻撃の中心を担うようになっていた。

 先制点に触発されたのか、松木と同じく高校生の選手たちも揃って結果を残した。名古屋グランパスU-18所属のMF甲田英將やガンバ大阪ユース所属のMF中村仁郎がゴールを挙げ、日本の大勝に大きく貢献している。

「幅広い年代でチームを編成しているにも関わらず、上も下も(年齢にかかわらず)本当にサッカーが上手くなりたい、チームで結果を、強いものを出したいという思いで普段からトレーニングに取り組んでくれている」

 冨樫監督は多種多様なバックグラウンドを持つ選手たちで構成されたチームの競争力の高さを誇っていた。28日のU-22香港代表戦でも、カンボジア戦の勝利に刺激を受けた選手たちが我こそは…という活躍を見せてくれるに違いない。

(取材・文:舩木渉)

【了】

新着記事

↑top