フットボールチャンネル

フォーカス 3年前

まさに伝説! 歴代サッカー日本代表、5人の英雄。川口能活、井原正巳、名波浩…日本サッカーに残る名手の実力とは

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

森島寛晃

セガ記事広告日本_201111_4
森島寛晃の能力値や対象となったシーズンのリーグ戦成績など【写真:Getty Images】



MF:森島寛晃(セレッソ大阪/日本代表)
生年月日1972年4月30日(当時27歳)
2000年リーグ戦成績:25試合15得点
日本代表通算64試合12得点
日本代表主な出場大会:AFCアジアカップ1996、1998年FIFAワールドカップ・フランス大会、AFCアジアカップ2000(優勝)、FIFAコンフェデレーションズカップ2001、2002年FIFAワールドカップ日韓大会

 森島寛晃は、まさに記録よりも記憶に残る名選手だった。2002年に開催された日韓W杯では、スーパーサブとして活躍。自らのホームである長居スタジアムで行われたグループリーグ第3節チュニジア戦では、日本代表の決勝トーナメント初進出を決めるゴールを決めた。

 能力値の対象としたのは、15得点を決めてJリーグベストイレブンに選出された2000年。この年のセレッソ大阪は1stステージで首位を争う快進撃を見せ、森島はキャプテンとしてチームをけん引した。

 森島の最大の特徴は、圧倒的な瞬発力からなる「スピード」とがむしゃらさ。2列目から一瞬の隙を突く飛び出しからのゴールは多くの歓声を生んだ。168cmと小柄ながら、日本代表として世界と渡り合えたのは、やはりスピードと常に全力でプレーする「メンタル」が理由といえるだろう。

 この翌シーズンにセレッソ大阪は一転してJ2降格となってしまう。多くの移籍オファーもあり、自国開催のW杯を控えたシーズンだったにもかかわらず森島は残留。本拠地でのW杯で歴史的ゴールを決めたうえに、1年でのJ1昇格に導いた。

 得点王やMVPといった個人タイトルは持たないが、数々の印象的なパフォーマンスによって、セレッソ大阪ファンを筆頭に日本のサッカーファンの記憶に深く刻まれる名選手となった。

【了】

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top