オランダの希望! 最強の逸材5人。元Jリーガーの父を持つ神童、19歳で42億円の市場価値を誇るのは?

2022年01月12日(Wed)7時00分配信

シリーズ:最強の逸材
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

キリアン・ムバッペやアーリング・ハーランドを筆頭に、世界には数々の若きスター選手が存在する。既にトップチームで頭角を現し、世界中に認知されている選手もいるが、まだまだこれから出てくる逸材も数多くいる。ここでは、今まさに頭角を現しつつある若手選手をピックアップ。今回は20歳以下の選手を対象にオランダの逸材5人を紹介する。(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

19歳で42億円の価値!

ライアン・フラーフェンベルフ
【写真:Getty Images】

MF:ライアン・フラーフェンベルフ(オランダ代表/アヤックス)
生年月日:2002年5月16日(19歳)
今季リーグ戦成績:18試合1得点2アシスト
市場価値:3500万ユーロ(約42億円)


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 世界屈指の才能の宝庫として知られるオランダの名門アヤックスで、今最もビッグクラブの視線を集めているのがこの男と言えるだろう。2002年生まれの19歳という若さだが、すでにオランダ代表の常連メンバーであり、昨夏のユーロ2020(欧州選手権)にも出場。その市場価値は現在で3500万ユーロ(約42億円)となっている。

 2010年にアヤックスのアカデミーに入団すると、メキメキと進化。2018年、16歳の時には同アカデミーで最高の才能に与えられる「アブドゥルハーク・ヌーリ・トロフィー」を初受賞した。そして同年にはアヤックスとプロ契約を締結。16歳130日でエールディビジデビューを果たし、クラブOBであるクラレンス・セードルフの持っていた史上最年少記録(16歳242日)を更新した。昨季からは主力に完全定着しており、試合を重ねるごとに逞しく成長している。

 身長190cmという申し分ない体格を誇っているが、パワーよりも技術で存在感を示す選手。狭いエリアでボールを受けてコントロールし、味方にパスを捌いてリズムを生み出す能力が抜群に高いのだ。その姿はフランス代表MFポール・ポグバにそっくりであり、実際同選手と比較されることが非常に多い。今後しばらく、サッカー界を引っ張っていってくれるだろう。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top