ACミランがインテルを苦しめた方法とは? いつもと違った攻撃の良さ、タイトル獲得へ向けた感触は…【分析コラム】

2022年03月02日(Wed)11時52分配信

シリーズ:分析コラム
text by 小澤祐作 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,


ACミラン 最新ニュース

コッパ・イタリア準決勝1stレグ、ミラン対インテルのミラノダービーが現地時間1日に行われ、スコアレスドローに終わっている。90分間を振り返ると、ペースはほぼミランに傾いたままだった。なぜ、インテルを苦しめることができたのだろうか。(文:小澤祐作)


ミランは宿敵相手に素晴らしい内容

ミラン
【写真:Getty Images】

 インテル戦を終え、ステファノ・ピオーリ監督は次のように言葉を残した。

【今シーズンのACミランはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。4月17日まで初回1ヶ月無料お試し実施中】


「2ndレグが非常に難しいことはわかっているが、このパフォーマンスには満足している。我々はこの2年半で進歩したのだから、何かを勝ち取って素晴らしいシーズンにしたい」

 この指揮官の言葉通り、ミランは宿敵に対し素晴らしいパフォーマンスを披露した。それは、「何かを勝ち取る」可能性を十分に感じさせるものだったと言っていいだろう。

 立ち上がりからテンション高く臨んだミランは、10分にアレクシス・サレマーカーズが決定機を迎えると、11分にはテオ・エルナンデスが力強い中央突破からビッグチャンスを創出。インテルにエンジンがかかり切る前に、GKサミール・ハンダノビッチを脅かし続けたのである。

 ミランは26分、主将アレッシオ・ロマニョーリが負傷交代するというアクシデントに見舞われてしまったが、代役のピエール・カルルがうまく試合に入ったこともあってペースは乱れず。インテルを苦しめ続けていた。

 後半はさすがに勢いが落ちたものの、出るところと引くところの判断を的確に行うなど、ここでもインテルに流れは渡さず。結局この日は、90分間ミランのペースで試合が進んだと言っても過言ではなかった。

 では、なぜこれほどミランはインテルを苦しめることができたのか。

1 2 3

新着記事

↑top