ジュビロ磐田歴代最強ストライカー5人。中山雅史、高原直泰、スキラッチ…ゴールを決めまくった男たち

2022年03月06日(Sun)9時00分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,


ジュビロ磐田 最新ニュース

 1993年に開幕したJリーグは今年で30周年の節目を迎えた。ジュビロ磐田では、これまでに多くのストライカーたちがクラブのためにゴールを量産してきた。今回は、歴代ストライカーから5人を厳選して紹介する。


前田遼一

前田遼一
【写真:Getty Images】

生年月日:1981年10月9日
リーグ通算成績:363試合154得点
在籍時期:2000-14


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ジュビロ磐田で長く活躍したストライカーと言えば、前田遼一の名前も思い浮かぶ。2000年から2014年まで所属し、154ゴールを挙げた。

 前田は2000年に暁星高校からジュビロに加入。プロとして最初の3年間は、なかなか出番が増えなかった。それでも4年目から本格化。2005年に自身初の2ケタゴールを達成してからは、毎シーズンコンスタントにゴールを決めている。特に2009年と2010年には2年連続の得点王に輝いた。

 154ゴールという得点数は、ジュビロで歴代2位となる大記録。2014年に退団したあとはFC東京とFC岐阜でプレーして2020年で現役を引退。現在はU-18の監督を務めている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top