アーセナルは本当に復調したのか? チェルシー撃破は実力か、偶然か。大量4ゴール奪取のキーマンは…【分析コラム】

2022年04月21日(Thu)11時00分配信

シリーズ:分析コラム
text by 安洋一郎 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

アーセナル 最新ニュース

プレミアリーグ第25節延期分、チェルシー対アーセナルが現地時間20日に行われ、2-4でアウェイチームが勝利している。勝利したアーセナルは連敗を3で止め、4位トッテナムに試合数と勝ち点で並んだ。なお、復帰間近とされていた冨安健洋だが、今節もふくらはぎの負傷でメンバー外となっている。(文:安洋一郎)


連敗を3でストップ

202204021_アーセナル_getty
【写真:Getty Images】

 アーセナルは第31節からクリスタル・パレス、ブライトン、サウサンプトンと自分たちより低い順位の3クラブに痛恨の3連敗を喫していた。

【今シーズンのアーセナルはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】


 そうした状況で迎えたチェルシーとの一戦でアーセナルのミケル・アルテタ監督は、前節サウサンプトンに引き続きメンバーを大幅に変更することを決断。エミール・スミス・ロウのほか、モハメド・エルネニーとロブ・ホールディングも先発メンバーに名を連ねた。エルネニーは昨年12月2日以来、ホールディングは1月23日以来のスタメン復帰である。

 キーラン・ティアニーとトーマス・パーティの離脱以降、最適解のシステムとメンバーを再構築することに苦労していたが、今節は彼らが不在となってから最も攻守にバランスが良いチームとなっていた。ボール保持時に展開力やアイデアに欠けるなど不安要素の多いエルネニーも、最終ラインの選手のサポートに回る形で良さを発揮していた。

 試合は予想だにしていない打ち合いとなり、直近5試合でわずか2得点に留まっていたアーセナルが4ゴールを奪い、アウェイで4-2の快勝を収めた。

 一体なぜ、得点力不足に陥っていたアーセナルが大量得点し、3位チェルシーに勝つことができたのだろうか?

1 2 3 4

新着記事

↑top