冨安健洋、アーセナル加入後初のCBへの評価は? 残念だったアルテタ監督のプラン、トッテナムにやられた理由とは…【分析コラム】

2022年05月13日(Fri)11時15分配信

シリーズ:分析コラム
text by 安洋一郎 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,


冨安健洋 最新ニュース

プレミアリーグ第22節延期分、トッテナム対アーセナルの“ノースロンドンダービー”が現地時間12日に行われ、3-0でホームチームが勝利している。試合前の時点でアーセナル(4位)はトッテナム(5位)に勝ち点差4をつけていたが、痛恨の敗戦により勝ち点差は1に縮まった。なお、冨安健洋はフル出場し、試合途中からはアーセナル加入後初となるCBでもプレーした。(文:安洋一郎)


202200512_アーセナル_getty

【写真:Getty Images】

 アーセナルのミケル・アルテタ監督はトッテナムとのノースロンドンダービーを前に「私の就任以降最もエキサイティングな試合だ」と会見で語っていた。

【今シーズンの冨安健洋はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】


 アルテタ監督がこれほどまでに今節の重要性を説いたことには理由がある。試合前の時点でアーセナルはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位、トッテナムはCL出場圏外の5位につけており、今節の結果が来季以降のチーム作りに影響を及ぼす可能性が大きいのだ。

 だが、今節を終えた時点では順位の変動が起きることはない。アーセナルは前節リーズに勝利した一方でトッテナムはリバプールと引き分けていた。その結果、両チームの勝ち点差は4に広がっていた。そのためアーセナルは勝利すればCL出場が決定、最悪負けたとしても4位をキープできるという条件でダービーに臨んだ。

 結果は3-0でホームのトッテナムが完勝。両チームの勝ち点差は1に縮まり、CL出場権の獲得は残り2節の結果次第となった。

 敗れたアーセナルは直近のプレミアリーグで4連勝を飾っており、チームの調子が悪かったわけではない。なぜ、これほどまでの大差がついた結果となってしまったのだろうか。

1 2 3 4

新着記事

↑top