「日本の強いマークに苦しんだ」「韓国戦のように簡単にはいかなかった」 サッカー日本代表戦の勝利伝えるブラジルメディア

2022年06月06日(Mon)22時21分配信

photo Shinya Tanaka
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース

日本代表対ブラジル代表
【写真:田中伸弥】



圧倒的に攻めたブラジルだがPKの1点のみ

 キリンチャレンジカップ2022の日本代表対ブラジル代表戦が6日に行われ、ブラジルが1-0で勝利を収めた。ブラジル各メディアも試合について伝えている。



【海外サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】

【日本 0-1 ブラジル キリンチャレンジカップ2022】

 4日前に行われた韓国代表との試合には5-1で大勝し、アジアツアーの2戦目を迎えたブラジル代表。日本代表に対してもやはり圧倒的に攻め立てる展開となったが、なかなかゴールは奪えない時間が続く。それでも最後は77分、リシャルリソンが遠藤航に倒されて得たPKをネイマールが決め、この1点が決勝点となった。

 ブラジルメディアが大きな関心事としているのは、エースのネイマールがまたしても1得点を加え、ペレ氏の持つブラジル代表最多ゴール記録まで「あと3点」に迫ったこと。試合自体については、やや苦戦を強いられたが順当な勝利として伝えられている。

 ネイマール、ルーカス・パケタ、ヴィニシウス・ジュニオール、ラフィーニャという攻撃陣の布陣について「レギュラーと考えられる攻撃カルテットが初めて揃った」とブラジル『テーハ』。だが「良い動きを見せながらもセレソンはセンターフォワード不在が響き、なかなか日本の守備を崩しきれなかった」と述べている。

「韓国には5-1のゴールラッシュだったが、日本に対して同じように簡単にはいかなかった。ネイマールのPKのみで何とか勝利」と『メトロポレス』は記述。『ガゼッタ・エスポルチーヴァ』も「チッチ(監督)のチームはプレーの大部分を支配したが日本の強いマークに苦しんだ」と述べている。

【了】

新着記事

↑top