<試合結果>自滅…。サッカー日本代表、ミス連発で敗れる。チュニジア代表に優勝を譲る【キリンカップサッカー2022】

2022年06月14日(火)20時47分配信

text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース

FIFAランキング35位に敗れる

0614japan_getty
【写真:Getty Images】

【日本 0-3 チュニジア キリンカップサッカー2022】

 キリンカップサッカー2022決勝のサッカー日本代表対チュニジア代表が14日に行われた。試合は0-3で日本代表が敗れた。

【日本代表戦はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 カタールワールドカップ出場国同士の対決となったキリンカップサッカー2022決勝。立ち上がりはチュニジアが日本陣内に押し込んできた。

 序盤劣勢だった日本は、伊東純也の仕掛けを軸にチャンスをつくり始め、流れを引き寄せる。35分には伊東のクロスがファーサイドに届くが、完璧なタイミングで入った鎌田大地はミートできず。決定機をいかせない。42分には板倉滉のパスで抜け出した南野拓実がゴールネットを揺らすも、これはわずかにオフサイド。前半はゴールが生まれず、0-0で折り返した。

 後半の早い時間に先制したのはチュニジア。53分、裏のスペースを取られた日本は吉田麻也がたまらずペナルティーエリア内でファウルで止めた。このPKをモハメド・アリ・ベン・ロムダンが決める。

 1点を追う日本は、浅野拓磨と鎌田が下がって三笘薫と古橋亨梧が投入し、攻撃を活性化。71分には久保建英と堂安律もピッチに入った。

 しかし、次の得点もチュニジアだった。76分、日本は相手ロングフィードに対応。ルーズになったボールを吉田、板倉、GKシュミット・ダニエルの3人で譲り合う形になると、ユセフ・ムサクニにボールを奪われ、フェルジャニ・サシにゴールを決められた。

 その後、日本はゴールを奪えず。アディショナルタイムにはカウンターからイサム ジェバリにトドメを刺され、3点差で試合終了。チュニジアに優勝を譲った。

【得点者】
55分 0-1 モハメド・アリ・ベン・ロムダン(チュニジア)
76分 0-2 フェルジャニ・サシ(チュニジア)
90+3分 0-3 イサム ジェバリ(チュニジア)

【了】

新着記事

↑top