サッカーU-21日本代表ポジション別大会MVP。アジア3位に輝いたパリ五輪世代の逸材たち【AFC U-23アジアカップ】

2022年06月19日(日)10時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo 2022 Asian Football Confederation (AFC)
タグ: , , , , , , , , , , ,

CB:馬場晴也

馬場
【写真:2022 Asian Football Confederation (AFC)】


所属クラブ:東京ヴェルディ
生年月日:2001年10月24日(20歳)
今大会成績:4試合0得点

 控えという立場で今大会は始まったが、終わってみればチームに欠かせない存在になっていた。グループリーグ初戦、第2戦では出番が訪れず、初出場は第3戦。馬場はここで正確なロングフィードと縦パスで攻撃の起点となった。さらに、セットプレーでは松木玖生のゴールをアシストしている。

 今大会でU-21日本代表は西尾隆矢という軸となる選手を怪我で欠いたが、馬場がその穴を埋めた。この試合の活躍もあり、決勝トーナメントでは3試合すべてにフル出場。U-21ウズベキスタン代表戦では失点に絡んでしまったが、それ以外の試合では安定した守備と正確なキックと奇抜なヘアスタイルが目立っていた。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top