記憶から消したい…。マンチェスター・ユナイテッド、最悪の補強ランキング1~5位。総額358億円、大金を無駄にした男たち

2022年06月22日(Wed)7時00分配信

シリーズ:最悪の補強ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,


マンチェスター・ユナイテッド最新ニュース

これまでに数多くの有望な選手を獲得してきたマンチェスター・ユナイテッドだが、そのすべてが成功しているわけではない。高額な移籍金を支払って獲得したものの、満足に活躍できないままチームを去ったものもいる。その中でも、期待と結果が最もかけ離れた選手は誰だったのか。期待に応えることのできなかった選手をランキング形式で紹介する。※移籍金などのデータは『transfermarkt』を参照


5位:メンフィス・デパイ

メンフィス・デパイ
【写真:Getty Images】

生年月日:1994年2月13日
移籍金:3400万ユーロ(約41億円)
在籍期間:15年夏~17年冬
リーグ戦成績:33試合2得点1アシスト


【今シーズンの海外サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】


 オランダの強豪PSVでプロキャリアをスタートさせると、そこから一気に成長。2014/15シーズンにはエールディビジ得点王に輝き、2014年ブラジルワールドカップに挑むオランダ代表メンバーには20歳の若さで選出されるなど、欧州ビッグクラブ注目の的となっていた。

 そんなメンフィス・デパイを獲得したのがマンチェスター・ユナイテッドで、2015年当時21歳だった同選手に3400万ユーロ(約41億円)という移籍金を費やしている。さらに選手本人の希望通り、クラブの伝統ある「7番」を与えることになった。

 同じオランダ人のルイ・ファン・ハール監督の下で、デパイは開幕からコンスタントに出場機会を得た。しかし、当時の同選手は相当ドリブルに自信があったのだろう、独善的なプレーが目立ち、球離れが悪く、周囲との連係という部分が大きく欠如していた。それに加え得点やアシストという結果もなかなか残せなかったため、シーズン後半戦はベンチスタートを余儀なくされることも多かった。

 結局デパイはユナイテッドでの1年目をリーグ戦29試合出場2得点1アシストという成績で終え、批判の的に。そしてジョゼ・モウリーニョが新監督に就任した2016/17シーズンは完全に構想外となり、同シーズン途中にリヨンへ移籍せざるを得なかった。なお、リヨンへの移籍金はユナイテッド加入時の半額以下となる1600万ユーロ(約19億円)だった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top