久保建英も? レアル・マドリード脱出で成功した5人。アーセナルで活躍する神童、宿敵で大ブレイクしたカメルーン人FWも

2022年06月23日(Thu)7時00分配信

シリーズ:脱出して成功した5人
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

MF:ダニ・パレホ(ビジャレアル)

ダニ・パレホ
【写真:Getty Images】

生年月日:1989年4月16日
在籍期間:2006年7月~2009年7月
加入時移籍金:フリー
退団時移籍金:300万ユーロ(約4億3000万円)
レアル通算成績:5試合0得点0アシスト

 ダニ・パレホは2006年にレアル・マドリードの下部組織に加入すると、翌年には18歳でサテライトチームへ昇格。同年、U-19スペイン代表の一員としてUEFAヨーロピアン・チャンピオンシップ制覇に貢献し、自らの評価を上げた。そして2009年、ファンデ・ラモス監督の下、念願のトップチーム昇格を果たす。

 当時のレアルにはフェルナンド・ガゴや、グティ、ファン・デル・ファールトなどが揃っており、このようなスター選手との激しいポジション争いを強いられた。将来のレアルの中盤を担う選手として期待されるも、結局パレホは出場機会を得ることは出来ず、出場したのはわずか5試合。そして、2009年7月には出場機会を求め、ヘタフェへ完全移籍する。
 
 レアルを離れたパレホはポテンシャルを存分に発揮する。9年間在籍したバレンシアでは、18/19コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝で2-1とバルセロナを破り、17シーズンぶり3度目の優勝に大きく貢献。バレンシアのキャプテンとしてトロフィーを掲げた。その後も20/21シーズンに移籍したビジャレアルでは、クラブ初のUEFAヨーロッパリーグ(EL)制覇に貢献し、ELベストイレブンの1人にも選出されるなど、レアルを去ったことでパレホは名声を手にすることができた。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top