なぜか…韓国代表で輝けなかった5人の名手。クラブでは絶対的な存在も…選手層が厚くて試合に出られなかった選手たち

2022年07月26日(火)8時00分配信

シリーズ:代表で輝けなかった5人の名手
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , ,

パク・チソンの”後継者”だったが…

20211114_キム・ボギョン_getty
【写真:Getty Images】

MF:キム・ボギョン(全北現代モータース)
生年月日:1989年10月6日
韓国代表成績:38試合4得点5アシスト
プレミアリーグ成績:28試合1得点0アシスト

 韓国代表の元主将、パク・チソンが自身の後継者に挙げたキム・ボギョンだが、代表キャリアでは成功を収めることができていない。10年にセレッソ大阪に入団し、期限付き移籍先の大分トリニータで活躍。セレッソ大阪に復帰して以降は、J1の舞台で主力選手として活躍した。

 12年夏に行われたロンドンオリンピックで注目を集め、当時チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に所属していたカーディフへと移籍。1年目で昇格を果たし、2013/14シーズンはプレミアリーグで28試合に出場した。15年夏に半年間所属したウィガンを退団して以降は、Jリーグや韓国の複数クラブでプレーしている。

 若い頃から注目を集めていたキム・ボギョンは、20歳の誕生日に韓国代表デビュー。ワールドカップの代表メンバーには10年大会、14年大会と2大会連続で選出されている。しかし、出場機会は限定的で、14年大会の2試合(途中出場)に留まっている。また、アジアカップには1試合も出場しておらず、国際メジャー大会では全く結果を残せていない。19年12月に行われた東アジアカップを最後に韓国代表から遠ざかっている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top