C評価(ある程度の結果を残した補強)


【写真:Getty Images】


GK:ジャンルイジ・ブッフォン(イタリア)
生年月日:1978年1月28日
加入年:2019年夏
移籍金:フリー
通算成績:17試合15失点(2019年夏以降)

 2018年夏に退団して1シーズンをPSGでプレーしたあとで復帰。シュチェスニーの控えとしてベンチを温める機会が多かった。試合勘不足もあったが、存在感は相変わらずだった。

FW:アルバロ・モラタ(スペイン代表)
生年月日:1992年10月23日
加入年:2020年夏
移籍金:レンタル
通算成績:67試合20得点17アシスト(2020年夏以降)

 2014年から16年にかけて活躍していたが、2020年夏にアトレティコ・マドリードからのレンタルという形で2度目の加入。2シーズンで20ゴール17アシストはストライカーとして突出した数字ではないものの、複数ポジションをこなせて守備も怠らない姿勢は使い勝手抜群。

DF:マッティア・デ・シリオ(イタリア代表)
生年月日:1992年10月20日
加入年:2017年夏
移籍金:1200万ユーロ(約16億円)
通算成績:64試合2得点3アシスト

 2017年夏にミランから獲得。左右両方のサイドバックの控えとしてプレー。ピルロ監督体制の2020/21シーズンはリヨンへレンタルされたが、2021/22シーズンに復帰したアッレグリ監督は重宝している。

DF:ジョアン・カンセロ(ポルトガル代表)
生年月日:1994年5月27日
加入年:2018年夏
移籍金:4040万ユーロ(約55億円)
通算成績:25試合1得点2アシスト

 2017/18シーズンにインテルで活躍し、2018年夏にレンタル元のバレンシアから獲得。右サイドバックを中心に複数ポジションをこなした。1年後に6500万ユーロでマンチェスター・シティへ移籍。

MF:デニス・ザカリア(スイス代表)
生年月日:1996年11月20日
加入年:2022年冬
移籍金:860万ユーロ(約12億円)
通算成績:9試合1得点1アシスト

 2022年1月にボルシア・メンヒェングラッドバッハから獲得。3月は負傷により離脱したが、シーズン途中の加入ながらすぐに新天地に馴染んでレギュラーとして起用された。

GK:マッティア・ペリン(イタリア)
生年月日:1992年11月10日
加入年:2018年夏
移籍金:1420万ユーロ(約19億円)
通算成績:14試合15失点

 2018年夏にジェノアから獲得。2020/21シーズンはジェノアにレンタルされたが、控えGKとして堅実なプレーをしている。

DF:マルティン・カセレス(ウルグアイ代表)
生年月日:1987年4月7日
加入年:2019年冬
移籍金:フリー
通算成績:9試合0得点0アシスト(2018/19)

 2019年1月末に加入。過去2回の在籍時に比べるとインパクトは大きくなかったが、チームの守備の選手層に厚みをもたらした。

DF:クリスティアン・ロメロ(アルゼンチン代表)
生年月日:1998年4月27日
加入年:2019年夏
移籍金:3150万ユーロ(約43億円)
通算成績:なし

 2019年にジェノアから獲得して即ジェノアにレンタル。1年後にアタランタへレンタルし、2021年夏に完全移籍となった。そのため、ユベントスでの公式戦出場はなし。

DF:ルカ・ペッレグリーニ(イタリア代表)
生年月日:1999年3月7日
加入年:2019年夏
移籍金:2200万ユーロ(約30億円)
通算成績:18試合0得点1アシスト

 2019年夏にローマから獲得したあと、すぐにカリアリとジェノアへのレンタルを経験。2021/22シーズンにようやくユベントスデビューを果たした。少しずつ存在感を強めており、さらなるステップアップに期待が集まる。

FW:モイーズ・ケーン(イタリア代表)
生年月日:2000年2月28日
加入年:2021年夏
移籍金:レンタル
通算成績:32試合5得点3アシスト(2021/22シーズンのみ)

 ユベントスの下部組織で育ったあと、エヴァートンやPSGでのプレーを経験して2021年夏に復帰。32試合出場のうち途中出場が20回と、控えであることを考えると、まずまずの得点率。ただ、2018/19シーズンに13試合で6ゴールを決めていた才能であることを考えると、もう一回り成長してほしいところか。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top