Jリーグ、夏の戦力アップ度ランキング【アビスパ福岡】深刻な問題…。帰ってきた男は救世主になれるか?

2022年08月17日(水)9時30分配信

シリーズ:Jリーグ補強診断
photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , ,

アビスパ福岡 最新ニュース

 2022シーズンの第2登録期間は8月12日をもって終了し(J1リーグは9月2日まで追加登録できる)、ラストスパートを図るための戦力を揃えた。上田綺世や小川諒也が海外に活躍の場を求めた一方で、鈴木武蔵や松原后はJリーグに復帰するなど、多くの選手が活躍の場を移している。今回は、J1リーグ各クラブの補強状況を精査し、戦力アップ度をランキング化した。※情報は8月14日時点。補強ポイントと新加入・退団選手を加味してランキング化。新加入選手がいないチーム、監督・スタッフ等の人事は対象外とする。

【写真:Getty Images】



12位:アビスパ福岡

順位:13位
戦力アップ度:D
主な新加入選手:ジョン・マリ



【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 8位と健闘した昨季と変わらず、アビスパ福岡は堅守を武器に戦っている。22失点はリーグ最少で、クリーンシート数は11試合を数える。相手に合わせて3バックも使い、ドウグラス・グローリ、奈良竜樹らCB陣の奮闘は称賛に値する。

 リーグ最少失点のディフェンスを持ちながら、残留を確実なものにできていない理由は、やはり得点力の部分に問題があるからだ。無得点で終えた試合は、クリーンシートを上回る12試合を数えている。

 救世主とすべく獲得したのは、昨季在籍したジョン・マリだ。昨季のJ2得点王でもあるルキアンが3得点に留まる状況で、得点力不足解消を託すことになる。新型コロナウイルス陽性者が相次いだことで難しい編成を強いられる時期が続いたが、この困難を乗り越えた先にどのような結果が待ち受けているのだろうか。

【了】

新着記事

↑top