【サッカー日本代表スタメン案】好調の久保建英と鎌田大地を生かす布陣とは? アメリカ合衆国戦の先発イレブンを厳選

2022年09月23日(金)8時00分配信

text by 編集部 photo JFA
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース

サッカー日本代表は23日、キリンチャレンジカップ2022でアメリカ合衆国代表と対戦する。FIFAワールドカップカタール2022に向けた重要なテストマッチ2連戦の初戦、森保ジャパンはどのようなメンバーで臨むべきなのだろうか。スタメン案を紹介する。


アメリカ合衆国代表戦は4-3-3ではなく…


【写真:日本サッカー協会】

 森保一監督率いる日本代表は、昨年10月のFIFAワールドカップカタール・アジア最終予選のオーストラリア代表戦で初めて4-3-3を採用。ここで勝利を収めて以降、同フォーメーションがチームのベースとなったのは周知の通りだ。

【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 しかし、迎えるアメリカ合衆国代表との一戦では、4-2-3-1の採用を推薦する。こちらの方が、現在好調な選手たちの能力をより生かすことができると見るからだ。では、各ポジションを埋めていきたい。

 GKは権田修一だ。6月シリーズでは失点に絡んだシュミット・ダニエルや川島永嗣とは違い、強敵ブラジル代表相手に再三ビッグセーブを披露するなど安定感をアピール。先発から外す理由はあまり見つからない。

 右サイドバックには酒井宏樹が復帰したが、怪我明け間もないということもあり慎重に起用していきたいところ。ここでは森保ジャパンで着実に経験を積む山根視来に任せたい。

 センターバックは短い移動距離で代表に合流できた吉田麻也とアーセナルでしのぎを削る冨安健洋。久々にタッグを組むこの2人が以前までのような鉄壁を築けるのかどうか注目したい。

 左サイドバックは、初選出となった6月シリーズに引き続き招集された伊藤洋輝。同月シリーズでは失点に絡むこともあったが、左足の高質なロングフィードなどアピールできたポイントも多かった。今シリーズでも存在感を示せれば、カタールW杯本大会でのレギュラーも見えてくるだろう。

1 2 3

新着記事

↑top