【サッカー日本代表スタメン案】好調の久保建英と鎌田大地を生かす布陣とは? アメリカ合衆国戦の先発イレブンを厳選

2022年09月23日(金)8時00分配信

text by 編集部 photo JFA
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

新天地で進化する久保建英のポジションは?



 ダブルボランチは遠藤航と守田英正を推す。

 6月シリーズのチュニジア代表戦ではアンカーに入った遠藤が完璧に狙われたことで、攻守ともに崩壊。森保ジャパン式4-3-3の弱点が明らかとなって0-3で完敗した。しかし、遠藤の横に“気の利く”守田を置くことで、そのウィークポイントは解消されるだろう。そういった点を考慮しても、ダブルボランチの採用は意味があると言える。

 右サイドは新天地フライブルクでも躍動している堂安律を見たい。ボールキープの強さ、シュートに持っていく積極性が武器になることはもちろん、左利きの同選手が右サイドに入ることで、攻撃的SB山根の上がるスペースも生み出しやすくなるという利点もある。

 左サイドは久保建英。所属するレアル・ソシエダでは2トップの一角として使われているが、流れの中ではほぼ左サイドを担っている。以前まではこのポジションを苦手としている印象が強かったが、ソシエダでは積極的に仕掛けて精度の高いクロスを上げたりと躍動。本人も「(イマノル・アルグアシル)監督に左サイドはあんまりだと伝えたが、今は(左サイドで)起用されて嬉しい」と手応えを掴んでいるようだ。もちろんソシエダと日本代表ではスタイルが異なるが、今だからこそ試してみる価値はありそうだ。

 トップ下はフランクフルトで絶好調の鎌田大地。6月シリーズではインサイドハーフで躍動したが、やはり同選手はもっと攻撃的なポジションでこそ輝く。ライン間でボールを受ける上手さが際立つ鎌田がいれば、久保や堂安といった選手もさらに生きてくるだろう。

 そして最前線は古橋亨梧だ。これまでの日本代表においては孤立することがほとんどだったが、トップ下に鎌田、左サイドに久保らアイデアを持つ選手を置くことでその心配は小さくなるとみる。セルティックでは4-3-3のCFを担い活躍しているので、単に1トップが苦手ということはないはずだ。

1 2 3

新着記事

↑top